南アフリカ研究所 ランケンさん

fx4u 個人投資家による、個人投資家の為の外国為替(FX)コミュニティ

為替レート、チャート、投資家心理をリアルタイム集約
サイトマップ

初めての方へ ログイン
トップ FX相場予想 心理バロメーター 為替掲示板 FX業者比較&セミナー マーケット情報
   
FXカリスマブロガーTOPFXカリスマブロガーズインタビュー
南アフリカランド研究所 ランケンさん

  Vol.01 2008/08/15(金)

 南アフリカランド研究所
 ランケン さん
  BLOG URL:http://fxzar.blog54.fc2.com/


  矢印ボタン 前編:アジア通貨危機と彼女の勧めがFX取引のきっかけ

  矢印ボタン 中編:ブログ開設からアルファブロガーまでの道のり

  矢印ボタン 後編:いざ南アフリカ共和国へ

                                     POWERED BY為替コミュニティ|FX4U
南アフリカランド研究所 ランケンさんのプロフィール
FXブログ『南アフリカランド研究所(FXブログ−ランケン)』を運営する個人投資家。
ワシントン大学工学部経営工学科修士。本業は大手外資系IT企業にて経営コンサルティング業務に従事。 2006年夏にブログを立ち上げ、わずか1年半にして100万アクセスを記録した。現在は多い日だと一日に5000人を超える読者が訪れる人気ブログに成長している。

投資スタンスとしてはファンダメンタルズを重視し長期的な視点で投資を行う。

FXブログ『南アフリカランド研究所

彼女のすすめでFX取引を始めたランケンさん。南アフリカランドを取引した理由とブログ開設の経緯などをお話していただきました。


南アフリカランド研究所 ランケンさんのインタビュー
スワップ目的で始めたランド取引、情報の乏しさにブログを開設
南アフリカランド研究所|ランケンさん
─2005年、まずはベーシックにドル円の買いからFX取引をスタートしたということでしたが、南アフリカランドを取引するようになった経緯を教えてもらえますか?
初めて南アフリカランドを取引したのは、2006年8月でした。FXを始めてからもう1年くらいは経っていたので、やり方や仕組みもわかってきていた頃です。意外とシンプルだなって。ちょうどその頃から、何社か南アフリカランドを取り扱う会社が出てきていたのですが、やはり金利の高さが魅力で取引するようになりました。当時の政策金利は9%くらいだったと思います。
─事前に南アフリカランドについて情報収集などはしたのですか?
もちろんしました。金利が高いのは魅力的でしたが、留学中にアジア通貨危機を経験していたので、通貨が暴落する怖さも知っていました。だから取引する前にランドについて調べようと思いました。正直、アフリカというだけで怪しい通貨な気がしていましたし。でもその一方でワールドカップの開催も控えていたので、一体どんな国なんだろうと思って。当時は、南アフリカについてはほとんど何も知りませんでした。ところが、ネットで日本語検索しても全然南アフリカの情報が見つからない。だから、CNNやロイターといった海外のサイトで、南アフリカの情報を探すようになりました。するとだんだん面白くなってきて、もう少し調べてみようと、南アフリカの新聞や世界銀行、それから南アフリカ準備銀行(=SARB、南アフリカの中央銀行)のサイトまで見始めるようになりました。

─それが、ブログ「南アフリカランド研究所(FXブログ−ランケン)」の開設につながるわけですね。
そうです。自分と同じ考えの人が大勢いるに違いない、と思ったんです。“金利が高いから取引したい。だけど、本当に南アフリカに投資しちゃって大丈夫なの?”って多くの人が感じているだろうな、と。そんな経緯で2006年の8月にブログを開設して、自分が調べたことを公開するようになりました。

予想以上に伸びを見せたアクセス数
南アフリカランド研究所|ランケンさん
─実際、アクセス数ってどうでしたか?
最初の週の訪問者数は10人くらいだったかな。でも毎週、倍々ゲームで増えていきました。10人が翌週には20人、翌々週には40人、その次は100人・・・みたいな感じで。300人くらいで一旦頭打ちになりましたなりましたが、それでも300人ってすごいなぁって。こんなに多くの人が見てくれているのだから面白いのだろうな、と確信しました。それで、2006年の終わりぐらいから、マーケティング的なことも考え始めました。
─具体的に、どういうことですか?
たとえば、グーグルやヤフーで「南アフリカランド」と検索したときに、自分のブログが上位にあがってくるような施策をほどこしたり・・・SEO対策ってやつです。それから、ブログの名前も変えました。「FX-高金利通貨南アフリカランド研究所」だったのを、「南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)」に変えたんです。あまり大差ないかな(笑)。ブログの名前が長かったので、「ランケン」という略称をつけたんです。「ランケン」は、ブログの略称でもあり、僕個人も指すようにしました。実際にアメリカ人で「ランケン」という名前もあるので、割と呼びやすいかなと考えたりして。ブログの名前にはちょっとこだわりました。

─その効果は出ましたか?
一旦、300くらいで頭打ちになっていたアクセス数がそこからまた伸び始めて、いまではだいたい1日に多い日だと5,000アクセスくらいはあるでしょうか。たまたま、自分が欲しかったもの(南アフリカに関する情報)と読者のニーズが合致したのでしょうね。だから、ラッキーだったと思います。その点、姉妹ブログとして立ち上げてみた「シンガポールドル研究所」はダメですね(笑)。そもそもシンガポールドルって動かないから、読者のニーズがない。書いているこちらは、知識欲が満たされて面白かったりするんですけどね。
ポートフォリオを重視
─ところで、ブログの話ばかりになってしまいましたが、実際取引する際には何を重視されていますか?
一番重要なのはポートフォリオだと思っています。買うという動機があって入金するのではなく、どちらかというと入金する動機があって何を売買するのか決めるというような感じです。売買のタイミングをはかるためにチャートはもちろん見ますが、テクニカル専門ではありません。普段は仕事が忙しく一日中取引できるような環境ではないので、どうしても中長期でポジションを保有することが多くなります。そのため、ファンダメン
南アフリカランド研究所|ランケンさん
タルズのほうを気にしますね。世界経済、とくにアメリカの経済は常に注目しています。


 次回の公開予定は、8/22(金)となります!どうぞお楽しみに!


123


インタビュー:青山結子(あおやまゆうこ)
PROFILE:大学卒業後、大手銀行や証券会社に勤務。そのあいだ一貫して株式や為替のリサーチ部門に携わる。マーケットやファンダメンタルズなどの分析レポートを執筆する一方で、最近は活躍の場を個人投資家向け「FX」投資へも広げている。女性ならではのキメ細かい分析と、初めての人の視点に立ったわかりやすい説明が人気を集めている新鋭の為替アナリスト。



為替マーケット情報
スポンサー広告

Fx4uとは | プレスリリース | 広告掲載 | FXブルベアBLOG | 情報提供会社を募集 | リンク |  利用規約 | 個人情報保護

カテゴリ: 為替掲示板 |  為替心理バロメーター |  為替初心者ナビ |  為替・FXブログパーツ |  外国為替・FX証券会社を比較 |  マーケット情報 |  FXブルベア予想FX経済指標カレンダー為替ニュース速報(FX)

リンク: 沖縄ミリカジ沖縄 体験沖縄 カヌー名護 ホテル

Copyright(c) 2007/09 -2008 Fx4u All Rights Reserved.