若者よ、投機を抱け! とあるエンジニア Kさん

fx4u 個人投資家による、個人投資家の為の外国為替(FX)コミュニティ

為替レート、チャート、投資家心理をリアルタイム集約
サイトマップ

初めての方へ ログイン
トップ FX相場予想 心理バロメーター 為替掲示板 FX業者比較&セミナー マーケット情報
   
FXカリスマブロガーTOPFXカリスマブロガーズインタビュー
若者よ、投機を抱け! とあるエンジニア Kさん

 Vol.02 2008/10/31(金)

 若者よ、投機を抱け!
 とあるエンジニアKさん
  BLOG URL:http://kawasenikki.blog69.fc2.com/


  矢印ボタン 前編:若者よ、投機を抱け!

  矢印ボタン 中編:勝率アップにつながったブログ

  矢印ボタン 後編:自分の目標にあったトレードスタイル

                                    POWERED BY為替コミュニティ|FX4U
若者よ、投機を抱け! とあるエンジニア Kさん
FXブログ『若者よ、投機を抱け!-FXで月10万円のお小遣い-』を 運営する個人投資家。 1982年生まれの弱冠26歳。大学在学中から投資をはじめ、現在も 横浜の会社に機械系エンジニアとして従事しながら投資活動中。 FXはあくまでも副収入、目標は月々10万円という明確かつ堅実な 投資スタンス。
「若いうちの失敗はやり直せる」という考えのもと、投機を通して どんどん社会勉強を行っていこうと呼びかけている。

FXブログ『若者よ、投機を抱け!−FXで月10万円のお小遣い−

初めての取引で3万円の損失を出してしまった、とあるエンジニアKさん。しかし、その後の取引でも、その教訓は活かされずにさらに痛い目にあってしまいます。一体どうやって、利益を出せるようなトレードスタイルを確立したのか、その方法を教えてもらいました。


若者よ、投機を抱け! とあるエンジニア Kさんのインタビュー
勝率アップにつながったブログ
DOUGHNUT PLANT  NEW YORK CITY
―初めてのドル/円の取引で3万円の損失。学生さんにとって、3万円は大きいですよね。他に、最初の頃の失敗談はありますか?
ドル/円で痛い目にあってから、今度はスワップ狙いでいこうと思い、ニュージーランドドル/円を買いました。2006年2月、78円台のときに買って、最終的には67円台後半まで突入しましたから・・・。挙句の果てに難平までして買い増してしまったので、トータルで30万円ぐらい損してしまいました。大失敗です。
でも、この失敗が自分のトレードを見直すきっかっけになったんです。値頃感で売買したり、難平したりするようなトレードスタイルを根本から改めようと本気で思いました。

──具体的に、どのような方法でご自分のトレードスタイルを見つめ直したのですか?
第一に書籍です。多くの投資関連の本を読み、多くの投資手法や考え方などを学びました。第二にブログです。勉強した内容をアウトプットしようとブログを立ち上げました。

─それは功を奏したのですか?
投資苑
すぐに効果があらわれたわけではありませんが、徐々に成果が出てきました。自分の取引の過程や結果を記録し、振り返って次に活かす──それをブログに繰り返し書いているうちに、徐々に取引の勝率が上がってきました。手書きでノートもつけていましたね。これは、門外不出の僕の投資ノート(写真)。昔はノートに、@日付A通貨B売買の別C通貨単位Dエントリーの位置E利益確定の水準F損切りの水準G注文の理由を記録していました。
数行空けておいて、途中で注文を変えたときには変更履歴も書けるようにしていました。自分の取引トレードが確立してからは必要なくなりましたけど。初心者の方にはお勧めしたい「ノート記録法」です。

―影響を受けた本はありますか?
今日、持ってきました。「投資苑」という本です。この本は、僕にとって神様的な存在です。これさえあればOKというような本です。少々分厚くてとっつきにくいかもしれませんが、まずは全て目を通していただきたい本です。

急落局面では手を出さない、それが自分のルール

─普段、売買のタイミングはどうやって決めているのですか?
教科書どおりですよ。特にオリジナルな手法などはありません。チャートは、シンプルにサポートとかレジスタンスを見ます。移動平均線や一目均衡表など基本的テクニカル指標もすべてチェックしますが、サポートとレジスタンスポイントのほうを重要視しています。ファンダメンタルズも見ていますよ。テクニカルとファンダメンタルズ、どちらに重きを置くかはそのとき次第。ここ最近(9月第3週)なら、圧倒的にファンダメンタルズ重視でしょうね。リーマン・ブラザーズをはじめ世界各国の金融機関の破綻やその救済策など、ニュースに左右される相場ですから。期間は、1週間か2週間で取引するスイングトレード派です。スキャルピングも最初の頃はやっていましたけど、時間を食うので今はやっていません。

─ここ最近は、稀にみる大荒れ相場ですよね。大きな利益をあげるチャンスだと思うのですが、取引はされましたか?
確かに、売りから取引できる人にとっては大きなチャンスだったと思います。ただ、僕はこの下落局面ではほとんど取引しませんでした。ボラティリティが大きい相場は儲けるチャンスですが、損失を出す可能性も大きい。『休むも相場』という格言に従い、毎日激しく動くチャートを見ながら「これすげーな」とのんびり構えていました。

―昔から、今回のように大きく下げる局面では、あまり取引されなかったのですか?
昔は、こういう相場のときは眼の色かえてよく取引していましたよ。去年の夏、サブプライム問題でドル/円やクロス円が大幅に下落したときなんて、けっこう回転をきかせて売りから取引していましたし。
でも、あとから振り返ってみたときに、自分がこういう相場は得意じゃないということが判明したんです。この2年間の下げ相場における自分の成績を振り返ってみたら、マイナスのほうが大きかった。自分では、てっきり売り相場のときは勝っていると思っていたのですが逆でした。要は、手仕舞うのが早すぎるんです。そして、早く手仕舞ったあと、逆にそこから買いポジションをとって損失が出てしまうのです。どんどん下がっているにも関わらず買ってしまう・・・。
若者よ、投機を抱け! とあるエンジニアKさん
僕はどちらかというと深読みし過ぎてしまうことが多く、逆張りで取引することが多いので、スピードの速い下落局面には向いていないということがわかりました。このままだと、いつか痛い目にあうと思います。自分では下落局面は得意だと思っていましたが、過去のデータが、そうではないことを証明しているのですから仕方ない。下落局面での売買はトータルで見たときにマイナスだと気づき、僕はこういう相場では手を出さないというルールを確立したのです。



 次回の公開予定は、11/14(金)となります!どうぞお楽しみに!


123


インタビュー:青山結子(あおやまゆうこ)
PROFILE:大学卒業後、大手銀行や証券会社に勤務。そのあいだ一貫して株式や為替のリサーチ部門に携わる。マーケットやファンダメンタルズなどの分析レポートを執筆する一方で、最近は活躍の場を個人投資家向け「FX」投資へも広げている。女性ならではのキメ細かい分析と、初めての人の視点に立ったわかりやすい説明が人気を集めている新鋭の為替アナリスト。


矢印ボタン FXカリスマブロガーTOPへ



為替マーケット情報
スポンサー広告

Fx4uとは | プレスリリース | 広告掲載 | FXブルベアBLOG | 情報提供会社を募集 | リンク |  利用規約 | 個人情報保護

カテゴリ: 為替掲示板 |  為替心理バロメーター |  為替初心者ナビ |  為替・FXブログパーツ |  外国為替・FX証券会社を比較 |  マーケット情報 |  FXブルベア予想FX経済指標カレンダー為替ニュース速報(FX)

リンク: 沖縄ミリカジ沖縄 体験沖縄 カヌー名護 ホテル

Copyright(c) 2007/09 -2008 Fx4u All Rights Reserved.